交通事故が起こった時の
対応について

  • 事故現場で口約束や示談は絶対にしないでください!!

    日々安全運転を心がけていても交通事故を100%防ぐことはできません。
    事故が起こったときは、あわてず、落ち着いて、次の処置を行ってください。

  • けが人の救護
    まずは周囲を見渡して安全であることを確認し、ケガ人がいる場合は、ケガの程度によっては救急車(119番)を呼びましょう。
  • 二次災害の防止
    道路や交通量・見通しなどによって二次災害の恐れがある場合は、安全な場所に移動し、ハザードランプや停止表示機材等で防止措置を取りましょう。
    二次災害の恐れがないときも同様に防止措置を取り、事故現場の保存を行いましょう。
  • 警察へ連絡
    ケガ人の救護や二次災害の防止が十分ならば警察(110番)へ連絡をしましょう。いつ、どこで、どんな事故かなどを落ち着いて正しく伝えましょう。
  • 相手の確認
    事故の相手の情報を出来る限り教えてもらいましょう。
    名前、住所、電話番号、車種や色・ナンバー、 任意保険の会社名や自賠責保険の会社名や分かれば証券番号なども聞いておきましょう。
  • 目撃者の確認
    周囲に目撃者がいる場合は、後日のために名前やお住まい、連絡先を確認しておきましょう。
  • 三井住友海上へ連絡
    三井住友海上24時間365日事故受付センター(0120-258-365)にお電話してください。事故の日時や場所・状況、相手の方の情報や届出警察署や担当官、目撃者の方の情報や損害賠償の請求を受けた場合は、その内容をお伺いします。三井住友海上へ連絡いただいた事故内容は、弊社と情報共有されますので、ご安心ください
  • 弊社で自動車保険をご契約いただいたお客さまには、ご契約時に上記記載の詳細な処置内容を記載した事故緊急時対応マニュアルをお渡ししております。 お車のダッシュボード内に保管して、万が一にお備えください。